モニークに声をかけると、振り返った彼女の強張った表情が、みるみるうちにほどけていくのが分かった。
俺が来たことで、モニークは心強く思っている。
彼女を救う騎士になったようで、気分が高揚した。
思わず肩を抱いて力づけたくなったのを、冗談でごまかした。

モニークの背後にいた男が小さな声で「ダヴィド様と知り合いなら最初から言えっての。」とモニークに言って、舌打ちをした。
モニークにしか聞こえないように言ったつもりなんだろうが、しっかり俺の耳にも届いていた。
モニークは男の言葉を完全に無視して俺に話しかけた。

「こんなすみっこだもの。いらっしゃるなんてぜんぜん気が付かなかったわ。どうしてこんなところに?」
モニークもいつもより態度が柔らかく、このまましなだれかかってきそうなほど、親しげな雰囲気だ。

二人だけの世界になりかけているのを察したのか、ポールと名乗る男がその空気を裂いた。
まるでモニークが自分のものであるかのような態度、言葉。
すべてが俺の神経を逆なでする。

モニークが、はっとして俺を見つめた。
潤んだその瞳が、まるで。

恋人に浮気を疑われて、誤解なのよ、とすがる女性のようで。
もちろんその恋人は俺のことだ。

愛しい恋人のことを疑ったりなんかしない。
もちろん信じている。
俺は、モニークを安心させるために力強く頷いた。

不埒者を敗走させ、恋人を守る。

そんな世界に入り込んでいた。

だからモニークから「売約済みの男に興味はないわ。」と言われた瞬間、夢から覚めたようで、苦い笑いがこみ上げた。

そうだ、俺が今日ここにいる理由は。
グラスを預かっていたのに二つとも下げてしまって、一体どうするのか。
今の今まで、マリーのことをすっかり忘れていた。

あまりの立場の悪さに、俺に言えることはなにもなかった。
「きみのお眼鏡に叶う相手が現れるように祈るよ。」という言葉が苦し紛れに飛び出したが、我がことながら、なんて馬鹿なことを言ってるんだろう、と言った瞬間に後悔した。
俺たちは、お互いに黙ってしまった。
気まずい空気が流れる。
モニークは俯き、俺は彼女の頭のてっぺんから視線を逸らした。

そのとき、こちらへまっすぐに近付いてくるマリーの姿を見つけた。
彼女はあごを上げ、堂々と歩いてきた。
俺の正面に立ち、俺を見上げてにっこりと微笑んだ。

「ダヴィド様、お待たせしてしまってごめんなさい。」
「マリー。」

なぜ。

俺がグラスを持っていないことは明らかなのに。
彼女はまるでそれに気付いていないかのように、鉄壁の微笑みを崩さない。

正直、いまは来てほしくなかった。
心の繊細な部分がむき出しになっている、いまは。
戸惑う俺のことなどお構いなしに「あちらでおば様のご友人に捕まってしまって‥‥あら、どなたかとお話ししていらしたんですか?」とマリーはモニークに声をかけた。

俺は自分をなんとか立て直し、マリーにモニークを紹介した。
「ああ、クレドルーのモニークだ。モニーク、彼女はマリーだ。」
マリーが一歩進み出て、モニークに挨拶した。
「初めまして。」
俺はモニークがどう思うのかが気になって、その表情を見つめた。
モニークは、少し困ったような顔でマリーに会釈した。
「初めまして。でも、ちょうど失礼するところでしたの。今度お会いしたら、またぜひご挨拶させてくださいね。」
モニークはジリジリと後退し、言い終わるか言い終わらないかといううちに、ぱっと身体を翻してその場を去っていった。

「あ。」
思わず引き止めようと上げかけた腕は、そのまま力なく落ちた。

「あら。」
その声に、視線を隣に向けると、マリーが俺の手を見つめていた。
そして「グラスがなくなってしまったのね。」と言って、俺を見上げて小首を傾げた。

このままではマリーのペースになってしまう。
いつもの自分を取り戻さなければ。

俺は両手を肩の高さまで持ち上げてぱっと手を開き、なにも持っていないことをアピールした。

「あのグラスは、シャンパンの泡が消えてしまったからね。さあ、新しいグラスをもらおう。」

言外に「きみが戻ってくるのが遅かったから。」という意味を滲ませながら、彼女をグラスの場所へ促した。
「このシャンパンの泡が消えるまでに戻ってきます。」という言葉を踏まえた、辛口の冗談だ。

マリーの背を軽く押しながら、俺はふと背後を振り返った。
そこには、もはやモニークの姿は見つからなかった。

モニークが去り際に見せた表情が、やけに脳裏にチラついた。

迷子になって途方にくれた幼子のように、頼りない表情だった。

 

 

 

 

前の話へ   目次   次の話へ

 最終更新日 2016/01/31

 最終更新日 2016/12/25