ドレスを新調したので、ドレスに合う指輪を見ようと、いつも使っているものとは別の、しまってあった宝石箱を取り出した。

蓋を開くと、あるはずのものがなくなっている。

指輪が二つ、なくなっていた。
一つは夫から、一つは母から贈られたものだ。

最近開けていなかった宝石箱なので、いつなくなったのかは分からない。

部屋に出入りする使用人を招集し、立ち並ばせた。
指輪がなくなったことを伝えると、困惑した表情で、顔を見合わせる。
一人ひとり、順に質問していく。
しかし、全員が否定した。

夫は数日戻らない予定だ。
使用人を監督する執事が前に進み出た。
「わたくしに一度お預けいただけませんか。」
視線をずらすと、使用人たちの視線がわたしに集まっていた。

執事に任せた犯人の捜索は、思うように進まなかった。
本気で探しているのかも疑わしい。
誰も彼も怪しく見えてくる。
使用人や出入りする人間の動きを、じっと観察した。

しかしそんなことをすれば、屋敷がうまく回っていかないのは当然で、使用人はわたしの目を避けるようになった。

それが分かっていても、どうしても見つけなければならない。
問題は、母からもらった指輪のほうだ。
犯人がなにを思ったのか知らないが、よりによって、あの指輪とは。
あれは装飾は他のに比べて地味だが、古の王に由縁のあるもので、母から託された大切なものなのだ。


最近まで屋敷に出入りしていた者に話を聞くために、少し離れた町へ出向いた。
たずねると、彼女は知らないと首を横に振った。

気落ちして、ぼんやりと近くの宝飾店に入った。
偶然入った店だったが、店内に並んでいた指輪の中に、探していた指輪を見つけた。
すぐさまそれを買い、売りにきたのは誰かと聞いたが、店主は黒髪の若い女の子ということしか分からないと言った。

思い浮かぶ顔があった。
いつも反抗的な態度を取っていた、黒髪の少女だ。
彼女は、夫に心酔していた。

執事には本当のことを伝え、それ以外の者には「探していたものが見つかった。」とだけ話した。
例の黒髪の少女は、顔を青くしていた。


黒髪の少女は、屋敷の裏口からひっそりと去っていった。

 

 

 

 

前の話へ   目次   次の話へ

 最終更新日 2016/01/31

 最終更新日 2016/12/25