「待たせたわね。」
深いフードを外して、森で待っていた男に声をかけた。

わたしは、こっそりと屋敷を抜け出してきていた。
不在をごまかすのは、侯爵夫人から預かった若者に任せている。
機転はきくので、うまいことやるだろう。
むしろ、こういうときのために、あえて送られてきたのかもしれない。

男は切り株に座っていたのだが、腰を上げて目の前に立ち、礼をとった。
今さら礼など必要ないのに。
父上のところにいる、顔馴染みの侍従なのだ。
幼い頃はわたしの遊び相手だった。

「お元気そうで安心しましたよ。」
本気でそう思っているらしい顔に、なにをそんなに心配したのかと首を傾げた。
夫は抜け目ない男なので、浮気問題がよそまで流れることはあるまい。

「お父上がカンカンになってましたが、どうしてお嬢様は、再三の手紙を無視するんで?」
今回、使用人にこっそり手紙を託したということは、この男も分かっているはずだ。
わたしは父からの手紙を受け取っていない。

普段、わたしへの手紙は、すべて封が開けられた状態で届けられる。
封を開けるのは執事の仕事の一つなので、あまり気にしていなかったが、その際に手紙が間引きされているのだろう。

侯爵夫人から、宮廷の現状を聞いたときから、不審に思っていたのだ。
王家に忠実な父が、黙っているはずがない。
なんらかの連絡があってもおかしくないのに、と。

さらに、手紙だけでなく、面会に訪れた者もいたらしい。
父のところの侍従は、なんというか、力で解決するものが多い。
散々追い返され、父も考えたのか。
目の前の男が選ばれたのだ。
この男は、見た目も華やかだし、口が上手い。
うまく使用人に取り入ったのだろう。

どう言いくるめたのかは分からないが、わたしにこっそりと手紙を届けた使用人は「応援しています!」と、目をキラキラさせていた。
どんな悲恋話をでっちあげたのやら。
きっと逢い引きだと誤解されている。

「当たりです。お嬢様のとこの使用人が町に出入りしてるって聞いたもんで、待ち伏せさせてもらいました。執事はなかなか堅いようですが、女の子はチョロいですね。」

採用基準は顔ですか、と嫌味まで言う始末。
こいつしかいなかったとはいえ、もう少しマシな奴が良かった。

どうせ、使用人を口説く最中に、この屋敷の内情も聞いたのだろう。
夫に浮気され放題だなんて、知られたくなかったのに。

「それで、父さまはなにを伝えようとしていたの?」

「今すぐ帰省せよ、と。」

思わず固まった。

「ちなみに、伯爵が陛下の元へ伺候すれば、お嬢様をお戻しするつもりだそうですよ。」

「呆れたわ。」

父さまは誤解されている。
わたしでは人質にならない。

「どうしましょうか。このまま、お父上のところへ帰りますか?」

「あなたはどう思う?」

「お父上の思惑は別として、一旦帰るという選択肢もありだと思いますがね。お母上は、お嬢様の身を心配されていますよ。この機を逃したら、次はいつ抜け出せるか。」

足元に視線を落とすわたしの顔を覗き込んで、男は言った。

「俺を含めて、みんな伯爵のことを認めていません。まるでかっさらうようにして、だまし討ちでお嬢様を奪っていったんですから。」

この男が頑なにわたしのことをお嬢様と呼ぶ理由もそこにある。
父や母が気付いたときには、わたしたちの結婚話は引き返せないところまで進んでいた。

「まして、今のお嬢様の状況なら、なおさらです。伯爵の屋敷は、さぞ居づらかったでしょうに。よく頑張りましたね。」

タラシだ。
そう茶化してみたものの、目頭が熱くなるのをごまかすことができなかった。

 

 

 

 

前の話へ   目次   次の話へ

 最終更新日 2016/01/31

 最終更新日 2016/12/25