夫に関して、かつて友人が言ったことがある。
「伯爵は見込み違いだったわ。このわたしが、まんまと利用されるだなんて。」

それ以上は、いくら聞こうとしても教えてくれなかった。
もしかしてあのことだろうかと、思うところはある。
それくらい、わたしと夫の出会いは、不自然だった。


あれは、友人が侯爵と結婚したばかりの頃。
ピクニックに出かけた。
馬車を少し離れたところに待たせて、二人で野原に横になった。

「ねぇ、初夜のこと、聞きたいでしょぉ?」

友人が身を乗り出して、わたしの顔を覗き込んだ。
侯爵との初夜。
下世話な興味だと聞かないようにしていたが、実際のところ気になっていた。

いつも穏やかな侯爵が興奮するなんて、想像できない。

「すごいのよん。まずは耳を、ね。」

わたしの耳元で、そっと囁いた。
そのまま、ぺろりと耳たぶを舐められた。

ぴちゃぴちゃ、と耳をねぶりながら、手袋に包まれた手が鎖骨を撫で、そのまま下がっていく。

「ねぇん、あなたも触ってぇ。」
手を引かれて、彼女のふにっとした胸に導かれた。
耳をじゅるじゅると吸う合間に「ここを、執拗にこねられたわぁ。」と囁く。
わたしは彼女についていくのに夢中になって、頂を触れられれば頂を、乳房を持ち上げるようにされれば乳房を、やがて肩からドレスが落ちても気付かずに、真似して動いた。

彼女が手袋の指先を噛み、手を引き抜いた。
その素手が、いつの間にかまくれ上がっていたわたしの太ももに触れると、思わず身体が強張った。

「じっと、して。」
首筋をペロリと舐められる。
「次は、ここよん。」
割れ目をなぞる指先に、びくりと身体が跳ねた。

「ぅん、んんぅっ!」
視界に吊り上がった赤い唇が映り、ぼんやりと滲む。

「扇情的だね。」

男の声が飛び込んできたが、すぐに反応できなかった。
まるで、夢の中の出来事のようで。

「あらぁん、伯爵。混ざる?」

伯爵という言葉に、身体が反応した。
「えぁっ?‥‥ぁ、あぁっ!」
上体を起こそうとしたが、指に翻弄されてすぐに背を反らした。

遠目に見たことがあっても、きちんと話したことはない男が、横からわたしの唇を奪った。
「んむっ、ぁ‥‥。」
ちゅっ、くちゃ、と唇同士が触れ合い、下唇を挟まれ、舌を吸われ、音を立てる。
むき出しの乳房が、男の大きく温かい手で包まれる。
女性に触れられるのとはまた違う感触。
さらに、下も攻撃されている。
膝を閉じても、指の侵攻を防ぐことはできない。
繊細に、かつ容赦なくそこを刺激する。

「まだまだこれからよぉ。」

それから、二人に翻弄されて、くったりと力を失うまで続けられた。
純潔は失っていないものの、すでに元の自分ではなくなっていると自覚した。


次に伯爵に会った夜会で、わたしは気まずくて彼を避けた。
しかし、わたしが一人になったとき、彼はひっそりと背後から現れた。

「しぃ。」と、太く男性らしい人差し指をわたしの唇の上に置き「秘密は守れているかな。」と微笑む。
その低く抑えた声に、感じたことのないものが背筋を走り、身体が震えた。
恍惚と、彼を見上げた。


こうして、普段は男性に対して壁を作ってしまうわたしも、最初に壁を壊されてしまえば、強く出ることができなくなってしまうものだ。
男慣れしていないのが災いした、と言っていい。

その後も、偶然にか、出かける先々で伯爵と鉢合わせし、その度に意味ありげな視線を交わした。
わたしは、この秘密の関係が特別なものに思え、他の男性が目に入らなくなってしまっていた。

「領地に戻るのでついてきてくれないか。」と珍しく懇願する彼に折れ、なし崩し的に婚姻を結ぶこととなった。

 

 

 

 

前の話へ   目次   次の話へ

 最終更新日 2016/01/31

 最終更新日 2016/12/25