王宮の庭が手入れをされたので、そのお披露目に、夫婦同伴で出席することになった。

夫が陛下に呼ばれて、近くを離れた。
すると、すすす、と寄ってきた女がいた。

「伯爵夫人、こちらへどうぞ。」
見たことのない顔だ。
宮廷へ戻ったばかりなので、知らない顔もたくさんあるが、地味な女なので記憶にないだけかもしれない。
ついていって良いものか‥‥。

そこへ、口を挟む女がやって来た。
「あら、駄目よ。伯爵夫人は母后陛下がお呼びなの。」
地味な女は、表情を変えることなく、わたしとその女の顔を見比べ、静かに一歩下がった。
「失礼いたします。」

去っていく女の背を見つめていたら、
「あれは王弟妃の侍女よ。」
女が囁いた。

王弟妃というのは、あれか。
母からよくよく気を付けるように言われている相手だ。

王弟妃はかなりの悋気持ちで知られ、しかも占星術に傾倒しているという。

伯爵と結婚する前に、一度は王弟との結婚の打診を受けたことがある。
もしそのことが彼女に知られたら、どうなるか分からない。

さらに彼女は、占星術の有名な占者を北西方面から招くことがあると聞く。
北西方面の人々は占いをよくし、話術に長けているため、この国の貴族でも彼らにどっぷり浸かっているものが多々いる。
それらは秘密結社として公にはされないが、王弟妃もその一員ではないか、と以前から囁かれているのだ。

王弟妃に呼び出されたら断ることもできないので、どうなっていたか分からない。
母后陛下であれば、王弟妃といえども譲るしかない。

「ありがとうございます。」
わたしは女に礼を言った。

「いいのよ、ちょうどあなたを呼びに来たところだから。」
どうやら、王弟妃から逃れるための方便ではなく、本当に呼ばれていたらしい。
「母后陛下がお待ちよ。」


案内されて進む先には、小さな部屋があった。
ここが、母后陛下の居室。
わたしはごくりの唾を飲み込んだ。

部屋に入ると、1人掛けのソファに、白髪の老女がいた。
勢いはないとはいえ、どっしりとした権威のあるおかた。

「ようこそ、いらしたわね。」

こちらへ、と促され、わたしは進み出て、母后陛下の前にひざまずいた。

「あなたのことは、あなたの父母から頼まれています。わたくしはここでそんなに力はないけれど、助けになれたらと思っていますよ。」

手をとられ、それをそっと両手で包まれた。
その暖かい目尻のシワに、わたしはジンと胸が熱くなった。

 

 

 

 

前の話へ   目次   次の話へ

 最終更新日 2016/01/31

 最終更新日 2016/12/25