「また現れたみたいよぉ、自称古の王国の後継者。今度のはどのくらい続くかしらねん。」

友人の言葉を、わたしは目の前のティーカップのそばに置かれたスプーンを見つめながら聞き流していた。

なんだか、今日はおかしい。
脂粉の匂いがやけに気になって、ほとんど化粧もできなかった。
それに、いつもは気にならない彼女の香水や、その甘ったるい話し方までが鼻についてしょうがない。

お菓子に手をつける気にもならないし、紅茶も飲みたくない。

「どうしたのぉ?様子がおかしいわね。」

わたしは伏せていた顔をあげて、力なく顔を横に振った。

「やだ、ほんとに調子悪そうじゃない!早く言いなさいよぉ。」

寝てなさい、と言って見送りも断り、彼女は帰って行った。

ベッドに横になると身体が楽になり、そのまま眠ってしまった。


目が覚めると、あたりは薄暗くなっていた。

階下へ行くと、夫が今のソファに座っている。
「帰ってらしたんですね。」
ぼんやりとしたまま夫に近付き、隣に腰掛ける。
「よく眠っていたね。」
身体がまだだるい。
夫の肩にもたれかかった。
髪も乱れているだろうし、こんなにだらしない姿を夫に見せても平気になるだなんて、少し前には思わなかった。

「もしかして、昨日は眠れなかったのか?」

「そんなことないわ。よく眠れた。でも、最近なんだかすごく眠くて。」

話している間にも、あくびがでる。

「屋敷にいるせいかしら。あぁ、侯爵夫人がね、古の王国の後継者を名乗る人が現れたって言ってたわ。」

「その噂は僕も聞いてる。なかなかいいところまで来ているらしい。」

これまで、古の王国の後継者を名乗る者は幾人も存在した。
しかし、そのどれもが、そこそこ勢力を伸ばすところまでは行っても、後継者として認められる前に失脚してしまう。

よほどの者でなければ、眉唾ものの自称後継者より、身元の確かな古の王の末裔である母とわたしより優先されない。
ただ、わたしも母も、後継者となることを望んでいないので、力のある者が現れれば、この限りではないと考えている。

「時期的なものもあるだろうね。」

夫が言うには、これまで王の直轄領として、比較的軋轢が少ない総督が赴任していたが、彼が病気で今にも亡くなりそうなのだという。

現在の総督より前は、地元の反発により、入れ替わりが激しかったと聞く。

次の総督に対する反発が強まるこの時期に後継者を名乗ることで、より支持を集めているのだと夫は分析していた。

 

 

 

 

前の話へ   目次   次の話へ

 最終更新日 2016/01/31

 最終更新日 2016/12/25