夫が家臣たちへの指示を終えて戻ってくるまで、しばらくかかった。その間、わたしは自室で待っていた。
とても一人でいることはできなかったので、室内に護衛がいてくれたことは心強かった。
それでもやはり、夫が戻ってきた途端、緊張の糸がふっと緩んだことは分かった。

夫もまだ気が高ぶっているらしく、目をらんらんと光らせている。
「男爵が来たのと同時に屋敷の周囲を探らせたら、案の定あやしい人影があったそうだ。おそらく、王冠を狙っている連中だ。王冠がここにあることは、知られてしまっていると考えていい。」
「どうしたらいいのかしら‥‥。」

不安そうなわたしの表情を見て、夫は瞳を和らげた。
ふぅ、と息をひとつついてから、わたしの目を覗き込む。

「一番いいのは、きみのお母様に預けることだな。きみはまだ表舞台に立っていない。立場をはっきりさせているきみのお母様なら、混乱はないだろう。」
わたしはなにも言うことができず、胸を上下させていた。息を吸うのが苦しい。

男爵の最期の姿が頭から離れない。
彼は、自分の命をかけて、家族や家臣すら犠牲にして、王冠を守った。
そして、それをわたしに託したのだ。

受け取ったわたしが、あっさりとその覚悟を無にしようとしている。
わたしの行動が、彼らの死を、無駄にしてしまう。

このまま王冠を持っていては、北西方面の期待を受けることになる。例の後継者に渡すのは、陛下と対立することになる。逆に陛下に献上すれば、北西方面と対立することになる。

夫が言う通りだ。
決定を下すことができないわたしの代わりに、夫が言いにくいことを言ってくれていることは分かっている。

夫はわたしの出方をうかがっている。

「もちろん、別の方法をとることもできる。きみがどうしたいか言ってくれれば、どんなことでもいい、僕はそれを叶えるために動くよ。」

わたしは、決められなかった。
男爵の命をかけた願いを聞き届けてあげたい。
でも、そうすると、身の危険がふりかかる。
身近な人にも、迷惑がかかる。

「どうなるかは考えなくていい。どうしたいかだけ考えてくれればいい。それを叶える方法は、僕に任せて。」

平和に暮らしたい。
不安に怯えることなく。
人から傷つけられることもなく。
このまま、古王国など無関係でいたい。

人の期待に応えられるようになりたい。
人の気持ちを、受け取れるように。
不安に囚われることなく、自由な心で動きたい。
わたしに願いを託してくれた人に、報いたい。

 

 

 

 

前の話へ   目次   次の話へ

 最終更新日 2016/01/31

 最終更新日 2016/12/25