「きみが気にしていることに答えをあげようか。」
寝室で夫が思わせぶりに微笑んだ。
「なにかしら?」

すでにベッドにいたわたしに、夫がつかつかと歩み寄る。
近くに来て初めて分かった。
夫は、唇の端を上げているが、怒っている。
理由が分からなくて戸惑っていると、夫は真顔になり「なぜ僕に直接聞かない。」と言った。

合点がいった。
幼馴染が、昼間の会話を夫に話したのだ。
「あれはもう解決したの。」
わたしは慌てて答えた。

「いいや、教えてあげよう。彼女は子どもの父親と結婚して幸せに暮らしている。そうなるように、僕が彼女の両親に話を通して、彼女の夫の仕える先に口利きをした。」

そこまでするなんて、やはり。

そんなわたしの考えを読んだように、夫は言葉を続けた。

「彼女だけではない。僕の屋敷に勤めていた者たちには、全員、その後の世話もしている。大抵は執事が行うが、彼女に関しては、相手が僕の侍従だったし、すでに妊娠していたから、特に配慮したんだ。」

「そ、そうだったの。」

夫の語気の強さに圧倒されて、わたしは細く答えることしかできなかった。

夫は大きく息をついて気持ちを落ち着けると、するりとわたしの隣に滑り込んだ。

「こわがらせてすまない。リラックスして。」
夫の手が、わたしの背を上下にさすった。

「僕に聞けばよかったのに。きみにずっと誤解されていただなんて‥‥。彼女たちの僕に対する恋愛感情は、不安や不満の反動みたいなものだ。きみが当て付けをされていることには気付いていたけど、きみは飄々としていたから、歯牙にもかけないんだと思っていた。‥‥後からきみが本当は傷付いていたんだと知ったけど。まさか僕の子だと疑っていたとはね。どうしてなにも言わなかった?」

疑うどころか、確信していた。
「‥‥。」
「ほら、黙らないで。今でも信用できないかい?」
顔を覗き込まれて、ついと視線を逸らした。
「浮気を認めたことがあったわ。」
「まさか。」
「言ったわ。浮気のことをわたしが言ったら、あれのことか、って。」
ちらりと、夫に視線を向けた。今度は夫が視線を逸らした。
「‥‥あれは、たしかに‥‥きみが初めてそういったことを口にしたから、多少大げさに言った感はある。」
わたしは半眼になった。
「はぁ?」
「あの時ちょうど、さる高貴なおかたの、夜のご事情の相談を持ちかけられていたんだよ。きみがそのことを知って、それで言ってるんだと思っていた。」
「誰なのよ。」
「それはさすがに、秘密。」

 

 

 

 

前の話へ   目次   次の話へ

 最終更新日 2016/01/31

 最終更新日 2016/12/25