アニーの訪問から数日経っているが、いまだ指輪についてジェラールと話が出来ていなかった。
アニーに「ジェラール王子とよく話し合いなさい。」と言われていたので、そうしなければと思うのだが、顔を見れば思い出すのは、あのキスのことだった。

あれから、夜寝る前に、毎晩キスをするようになった。
まるでたがが外れてしまったかのようで、ベルもその感覚を知ってしまえば、拒むことはできなかった。
今日こそちゃんと話をしよう、と寝台に入る前は思っているのだが、ジェラールと目が合うと、まるで吸い込まれるように唇が合わさってしまう。
ベル自身が、それをうれしいと感じているからこそ、どうしようもない。

さらに、夕食の最中でさえ、その唇から目が離せなくなっている。
肉を口に運ぶジェラール、話をするジェラール。
その様子を見ながら、ベルは自分の唇に指を当てた。

「ベル?」

名前を呼ばれてはっと気が付いた。
今は食事中なのだ。見とれていた自分が恥ずかしくて、再び目の前の皿に集中した。

そのベルの横顔を、今度はジェラールがねっとりと見つめていることに、ベルは気付いていなかった。


側に控える給仕たちが、二人の甘酸っぱい空気に、心の中でもだえていたことにも、二人は気付いていなかったのだった。


夜の行為がエスカレートしていっていることに、ベルは悩みを感じていた。

昨夜は興奮したジェラールが、ベルの左右の尻たぶを両手でぎゅっと掴んだ。
気付けばネグリジェはまくれ上がり、下着がむき出しになっていたのだ。
驚いたベルがとっさに背をそらしたが、逆に腹をジェラールに押し付けるような形になってしまった。

羞恥に顔を真っ赤にしたベルの様子に、ジェラールはベルの頭をぽんぽんと叩いて腕枕をし、就寝の体勢になってくれたから良かったが、あのまま進んでいたらどうなっていたことか。

ベルは屋敷の図書室で、本を読むふりをしながら物思いにふけっていた。

このまま流されてしまおうか。

ベルの頭の中で、身を任せたい自分と、はっきりさせたい自分が戦っている。

すでに同じ寝台で眠り、指輪をしている身だ。
今さらはっきりしたところで、自分に選択肢などないのかもしれないが、それでも、ジェラールの気持ちを聞いてみたい。
聞くのは怖いが、聞いてみたい。

もう、ベルは自分の気持ちに気付いていた。
結婚しているかどうかが重要なのではない。
それよりも、ジェラールが自分のことをどう思っているのか。そちらのほうが大切なのだ。
好き、と思ってくれていれば、うれしい。

緑の髪の美少女のことを考えると、心が苦しくなる。
ベルは屋敷にいるジェラール以外を知らない。
朝出廷してから夜帰ってくるまで、きっとあの美少女にも会っているのだろう。

(ジェラール様は、あの子とは、どんなキスをしているのかな。)

ベルの思考を破る女性の声が図書室に響いた。

「じゃあ、その男はやることやっておいて逃げたってことなの!?」

大きな声ではないが、静かな部屋に響いたその声は、使用人のものだ。

「そうなの、そのせいであの子は昨日から泣き通しだわ。とても仕事ができる状態ではないから、今日は休みなさいって言われて部屋にいるわ。」

ベルが図書室にいるとは知らないらしく、使用人の女二人が会話に集中している。
側にいた侍女が使用人を注意しに行こうとしたが、ベルが止めた。

「許せないわね。男はどういうつもりだったのかしら。」

「それがね、ひどいのよ。なんと他に婚約者がいたの。あの子も、婚約者がいることは知っていたんだって。でも、てっきり自分のことを選んでくれると思っていたらしいのよ。」

「男も男だけど、その子もその子ね。男の都合のいい言葉を、ころっと信じちゃうだなんて。でも、男だったら、やることやったんなら責任とりなさいよって感じよね。突然連絡がとれなくなるなんて、本当、無責任!」

「あ~あ、やっぱり男って下半身の動物なのね。好きじゃなくたって、手を出してきたりするんだわ。」

「あなたも惚れっぽいから気をつけなさいよ。あ、もう行かなきゃ。」

二人はそそくさと図書室を出て行ったが、あとに残されたベルは茫然としていた。

 

 

 

 

前の話へ   目次   次の話へ

 最終更新日 2016/01/31

 最終更新日 2016/12/25