リュビ族が恋物語の中のヒーローとして描かれるのは、理由がある。
彼らは、情熱的な恋人として知られているのだ。
愛をささやき、恋に身を焦がす。恋人のために戦い、どんなに不可能なことでも可能にしてしまう。

ジェラールの両親である王と王妃は、まさにリュビ族だった。

リュビの王宮で、ベルとジェラールが食事をとっていたときのことだ。

言い争う声が近づいてきたと思えば、それは王と王妃だった。

「さっきの男は誰だ!」

王が王妃に詰め寄ると、王妃は挑発するように流し眼を送った。

「あら、ただのお友達よ。今はまだ、ね」

「お前の夫は俺だ!それを分からせてやる!」

王は叫ぶと、ベルたちの目の前で濃厚な口づけを始めた。
しかも、長い。

唖然とするベルに比べ、ジェラールは平然と食事を続けている。

「気にする必要はない。いつものことだ」

そんなリュビ族らしくないジェラールだが、彼の母に言わせると違うらしい。
「ジェラールは誰よりもリュビ族らしい子よ。覚悟しておくことね」と忠告された。

改めてすべき覚悟など、ありはしない。

すでに、覚悟はできている。

彼が情熱的に愛するかつての恋人が現れたとしても、反対するつもりはない。
その代わり、その本命の恋人と顔を合わせることは耐えられない。
その時は、ベルが身を引くまでだ。


今後の身の振り方を考えなくては。
まず両親に手紙を出し、近々そちらへ行くことを伝えた。
もちろん、夫婦仲が上手くいっていないことは書いていない。
数日滞在したいと書いただけだが、うやむやのまま向こうに留まってしまおうかとも考えている。

夫の留守中に荷物を整理していると、バタンと、荒々しく扉が閉められる音がした。

ジェラールが仁王立ちして、ベルをにらんでいる。

その手には、ベルが両親に宛てて出したはずの手紙があった。

「これはどういうことだ」

「なんで、その手紙が‥‥勝手に読むなんてひどい!」

「ひどいのはどちらだっ!」

ジェラールは大声を上げ、ベルが荷物をまとめていたバッグを蹴り上げた。
バッグは壁に叩きつけられ、床に落ちた。

ベルは恐怖に身体を縮めた。
夫がここまで怒ったのを見るのは初めてだ。
人類最強とまで言われるリュビ族の王子の怒りに、びりびりと肌が粟立つ。

「俺から逃げられるとでも思ったか!」

ジェラールはベルを抱え上げ、ベッドへ投げた。
慌てて上体を起こすと、すぐに覆いかぶさるように、彼もベッドへ上がってきた。

「ベルの気が済むまではと自由にさせていたが、ここまでだ」

手足を引きちぎられるのではないかと、本気で思った。

いつもはベルの心の準備ができたかどうか、反応をうかがい待ってくれていた。
目が合い、口づけを交わし、ジェラールはベルの中に入ってくる。

しかし、この時のジェラールは違った。
ただ、無言でベルの身体をむさぼり、蹂躙し、揺さぶった。
視線が合わないことが、言葉を交わさないことが、こんなにさみしいことなのだと、ベルは初めて知ったのだった。


目が覚めると、ベルは一人でベッドにいた。
それ以来、ジェラールと顔を合わせていない。
屋敷に帰ってこなくなったのだ。
その代わり、使用人たちが常にベルの後をついて回るようになった。
そして、少しでも外に出ようとすると、すかさず止めに来るのだ。


そんな生活が一週間ほど続いた頃、ディヤモン族の皇子がベルのもとを訪れた。
エントランスホールに降りてきたベルに向かって、彼は開口一番「お前、ジェラールに何したんだ?」と詰め寄った。

意味が分からずに、ベルは首を傾げる。

「廃人みたいになってるぞ。や、お前もなんだかやつれてるな」

「わたしが原因ではないのでは?」

「あいつがあんな風になるのに、原因はお前以外にありえない」

ベルは投げやりに笑った。

「まさか。他にもありますよ、ほら、8年前の‥‥」

「お前、知ってたのか」

皇子は口を手で覆い、視線をさ迷わせた。
そして、決心したように顔を上げ、庭を歩きながら話さないかと誘った。

 

 

 

 

前の話へ   目次   次の話へ

 最終更新日 2016/01/31

 最終更新日 2016/12/25